現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 成分から選ぶ > 伸筋草(しんきんそう)

伸筋草(しんきんそう)について

 伸筋草(しんきんそう)はヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラの全草です。石松とも呼ばれております。味は苦く、性は温です。伸筋草(しんきんそう)はその名の通り、足腰の筋肉を柔らかく伸ばし、足腰の痛みの緩和が期待できます。
 中国医学では、筋肉が硬く、凝りやすい人は、肝機能が弱っていると考えられております。伸筋草(しんきんそう)は、肝機能強化の効能がある生薬に属しています。また、血行を良くする働きもあり、手足の痺れにも効き目があります。リュウマチ、関節痛、麻痺やしびれに応用されます。
 伸筋草(しんきんそう)は煎じて飲むのが主流ですが、傷などの外用薬などにも使われています。

  • 頸腰康カプセル
    頸腰康カプセル
    ¥5700 類型:捻挫・打撲・外用薬 頸腰康カプセル舒筋通絡、活血祛瘀、消腫止痛の作用があります。主に骨折による鬱血や腫れ、痛み、また骨折回復期間や肾虚挟瘀に伴う痛み(脊椎炎や腰椎椎間板ヘルニアなど)に対して用いられます。