肝炎に効く漢方薬一覧

  • 片仔こう(片仔廣)
    片仔こう(片仔廣)
    ¥13300 類型:肝臓薬 片仔こうは大変効果の良い薬ですが、出回る偽物もありますので、ご購入する際になるべく知る人に頼んで商品を確認後に購入したほうがいいと思いますが、周りに知る人がいない場合、識別方法として以下のことをご注意ください。
  • 片仔廣カプセル
    片仔廣カプセル
    ¥7600 類型:肝臓薬 片仔廣カプセル(片仔こう,へんしこう)は長い歴史があり、宮廷秘方に基づいて厳選した貴重な薬草でつくったもので、外傷と消炎鎮痛に対する独特な顕著効果で国内外で知られています。
  • 護肝片(ごかんへん)
    護肝片(ごかんへん)
    ¥1560 類型:肝臓薬 護肝片(ごかんへん)の効能は疎肝、理気、益脾。SGPT値の降下作用。肝臓機能を活性化させる働きがありますから、お酒を飲み過ぎで肝臓が疲れている方にもお勧めします。護肝片(ごかんへん)の適應症: 慢性肝炎、早期肝硬変。
  • 安宮牛黄丸//救急薬
    安宮牛黄丸//救急薬
    ¥14000 類型:同仁堂漢方薬 安宮牛黄丸は清熱解毒、鎮驚の物である。現代臨床では流行性脳脊髄膜炎、B型脳炎、中毒性脳病、脳血管意外、中毒性肺炎、中毒性下痢、中毒性肝炎、肝昏迷、尿毒症及高熱痙攣等に優れた効き目を現わした。薬理研究により、安宮牛黄丸は鎮静、抗痙攣、解熱、抗炎、降低血圧の効果があり、個体の酸素消費量を降下させる作用がある。細菌内毒素性脳損害細胞にかなりの保護作用がある。
  • 振源カプセル
    振源カプセル
    ¥2200 類型:ガン・免疫力 振源カプセルは滋補強壮、安神益智、喉の渇きを止め、免疫力を増強させる効能があります。体内の分泌系統や神経の乱れを調節し、心筋の収縮力を強化し心臓の働きを改善し肝臓を守り抗癌作用を高めます。主に、胸の痺れ、動悸、息切れ、不眠症、冠状眽疾患、更年期症候群、虚弱体質、神経衰弱、健忘症、イライラ、不整脈、2型糖尿病、慢性肝炎やガンの補助治療などに用いられます。
  • 板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)
    板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)
    ¥810 類型:風邪・インフルエンザ 板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)は瘟疫(うんえき)(インフルエンザ・日本脳炎など)の高熱・頭痛、大頭瘟 (顔面丹毒)の腫脹疼痛、風邪、扁桃体炎、咽頭炎、流行性耳下線炎、肝炎等に用いられます。
  • 板藍根顆粒(同仁堂)
    板藍根顆粒(同仁堂)
    ¥800 類型:風邪・インフルエンザ 板藍根顆粒(同仁堂)は瘟疫(うんえき)(インフルエンザ・日本脳炎など)の高熱・頭痛、大頭瘟 (顔面丹毒)の腫脹疼痛、風邪、扁桃体炎、咽頭炎、流行性耳下線炎、肝炎等に用いられます。
  • 同仁堂板藍根エキス剤
    同仁堂板藍根エキス剤
    ¥800 類型:風邪・インフルエンザ 同仁堂板藍根エキス剤の解毒効果が優れている板藍根を主材料として加工した薬です。中医臨床でも、インフルエンザ、扁桃体炎、流行性耳下腺炎、伝染性肝炎等温熱毒邪による症状によく使うくすりです。
  • 板藍根(ばんらんこん)
    板藍根(ばんらんこん)
    ¥650 類型:風邪・インフルエンザ 「インフルエンザ・扁桃腺炎に板藍根(ばんらんこん)」抗ウイルス作用がある生薬のなかで、もっとも注目を浴びているものに板藍根(ばんらんこん)があります。中国では、インフルエンザや扁桃腺炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)、帯状疱疹、肝炎などのウイルスが原因となる疾患の治療に欠かせない生薬として重宝されています
  • 滋補肝腎丸(同仁堂)
    滋補肝腎丸(同仁堂)
    ¥730 類型:虚弱・貧血・倦怠感 滋補肝腎丸(同仁堂)は肝腎陰虚による眩暈、不眠、動悸、倦怠感、腰痛、午後の低熱、慢性肝炎と慢性腎炎諸症状に用いられます。滋補肝腎(肝と腎の冷やす力(陰)を補充し、機能を高めること)、養血(血を増やすこと)、柔肝の作用があります。
  • 肝復楽片
    肝復楽片
    ¥9000 類型:肝臓薬 肝復楽片は肝臓・脾臓の機能が低下する事で引き起こされる肝臓癌やB型肝炎、肝硬変などの急性肝臓病に対して用いられます。
  • 安絡化繊丸
    安絡化繊丸
    ¥5800 類型:肝臓薬 安絡化繊丸は健脾養肝、涼血活血、軟堅散結の作用があります。具体的には慢性B型肝炎、初期・中期B型肝硬変に対して有効です。肝脾両虛によって引き起こされる肝炎やお腹の膨張感、神経疲労、口の渇き、食欲減少、便通の不快感などに用いられます。
  • 龍胆潟肝顆粒
    龍胆潟肝顆粒
    ¥1280 類型:肝臓薬 龍胆潟肝顆粒は肝臓機能の興奮過剰による体調のバランスをくずれた状態に効果。症状としては、頭痛、偏頭痛、目眩、目の充血、口の苦み、尿が黄色っぽいなど。