現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 症状から選ぶ > インフルエンザ

インフルエンザ(流行性感冒)に漢方薬

インフルエンザ(流行性感冒)とは?

インフルエンザ(ラテン語: influenza)とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)ともいう。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる。急性脳症や二次感染により死亡することもある。

2009年には、豚由来の新型インフルエンザのパンデミックが発生し、大きな問題となった。この2009年型と毎年流行する季節性が共に死亡率がとても低いことなどから「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。また風邪だから軽度の病気だというのは近年の認識であり、歴史的には「スペインかぜ」「アジアかぜ」などの、風邪(かぜ)と呼ばれたインフルエンザのパンデミックは、大勢の人間を死に至らしめた。現在においても、パンデミック化した新型のインフルエンザは、人類にとって危険なウイルスであるとされる。さらに数年から数十年ごとに新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者が出る。

日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。通常、11月下旬から12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて4-5月には流行は収まるパターンである。

インフルエンザ(流行性感冒)の漢方製剤と予防漢方薬一覧

  • 藿香正気(かっこうしょうき)滴丸
    藿香正気(かっこうしょうき)滴丸
    ¥1150 類型:風邪・インフルエンザ 健胃作用や腸管内の異常発酵を抑える作用があるので、胃腸のガスやゲップなども解消できる。さらに、止瀉作用や制吐作用もあって、下痢やはき気にも使える。
  • 連花清瘟 (れんかせいおん)カプセル
    連花清瘟 (れんかせいおん)カプセル
    ¥1480 類型:風邪・インフルエンザ 中国の新型コロナ肺炎治療に大活躍した連花清瘟カプセル!インフルエンザにも適用。
  • 連花清瘟 (れんかせいおん)カプセル
    連花清瘟 (れんかせいおん)カプセル
    ¥980 類型:風邪・インフルエンザ インフルエンザ・新型コロナ肺炎患者の体質を強化し,回復力を高める目的で用いられている。
  • 感冒止咳顆粒(同仁堂)
    感冒止咳顆粒(同仁堂)
    ¥1200 類型:風邪・インフルエンザ 感冒止咳顆粒(同仁堂)は風邪による発熱、頭痛、鼻詰まり、インフルエンザ、咽の腫れ痛め、体がだるくて疲れやすくなどに用いられます。
  • 清瘟解毒片(同仁堂)
    清瘟解毒片(同仁堂)
    ¥680 類型:風邪・インフルエンザ 清瘟解毒片(同仁堂)は風邪(風熱風邪)とインフルエンザによる発熱或いは高熱、悪寒、体のだるくて痛み、鼻づまり、鼻水、咳き、頭痛、のどの痛み、口の渇き、舌質(紅、舌苔は黄色)などに用います。
  • 板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)
    板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)
    ¥810 類型:風邪・インフルエンザ 板藍根顆粒(無糖)(同仁堂)は瘟疫(うんえき)(インフルエンザ・日本脳炎など)の高熱・頭痛、大頭瘟 (顔面丹毒)の腫脹疼痛、風邪、扁桃体炎、咽頭炎、流行性耳下線炎、肝炎等に用いられます。
  • 板藍根顆粒(同仁堂)
    板藍根顆粒(同仁堂)
    ¥800 類型:風邪・インフルエンザ 板藍根顆粒(同仁堂)は瘟疫(うんえき)(インフルエンザ・日本脳炎など)の高熱・頭痛、大頭瘟 (顔面丹毒)の腫脹疼痛、風邪、扁桃体炎、咽頭炎、流行性耳下線炎、肝炎等に用いられます。
  • 羚羊感冒片(同仁堂)
    羚羊感冒片(同仁堂)
    ¥630 類型:風邪・インフルエンザ 羚羊感冒片(同仁堂)はインフルエンザによる発熱、悪風、頭痛、めまい、咳嗽、胸の圧迫感、のどの腫れ痛みに用いられます。
  • 清瘟解毒丸(同仁堂)
    清瘟解毒丸(同仁堂)
    ¥690 類型:風邪・インフルエンザ 清瘟解毒丸(同仁堂)は風邪(風熱風邪)とインフルエンザによる発熱或いは高熱、悪寒、体のだるくて痛み、鼻づまり、鼻水、咳き、頭痛、のどの痛み、口の渇き、舌質(紅、舌苔は黄色)などに用います。
  • 同仁堂板藍根エキス剤
    同仁堂板藍根エキス剤
    ¥800 類型:風邪・インフルエンザ 同仁堂板藍根エキス剤の解毒効果が優れている板藍根を主材料として加工した薬です。中医臨床でも、インフルエンザ、扁桃体炎、流行性耳下腺炎、伝染性肝炎等温熱毒邪による症状によく使うくすりです。
  • 板藍根(ばんらんこん)
    板藍根(ばんらんこん)
    ¥650 類型:風邪・インフルエンザ 「インフルエンザ・扁桃腺炎に板藍根(ばんらんこん)」抗ウイルス作用がある生薬のなかで、もっとも注目を浴びているものに板藍根(ばんらんこん)があります。中国では、インフルエンザや扁桃腺炎、耳下腺炎(おたふくかぜ)、帯状疱疹、肝炎などのウイルスが原因となる疾患の治療に欠かせない生薬として重宝されています
  • 藿香正気水(同仁堂)
    藿香正気水(同仁堂)
    ¥650 類型:夏バテ・暑気あたり 藿香正気水(同仁堂)は冷たいもの、生物の飲食が過ぎてむかむかする、食欲がない、全身が重だるい、下痢をするといった場合にも同仁堂藿香正気水は用いられます。暑気あたりにも使用されます。常用すると胃腸を整え、心身を爽快にします。
  • 清熱解毒口服液(同仁堂)
    清熱解毒口服液(同仁堂)
    ¥980 類型:清熱類 清熱解毒口服液(同仁堂)は熱毒壅盛(熱の勢いが強く、発赤、腫脹、化膿、高熱などを引き起こすこと)による発熱、目が赤く、いらだつ、口が乾く、のどが腫れ痛み、インフルエンザ、上気道の感染症などに用いられます。