現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 経口妊娠中絶薬RU486による中絶は、乳癌のリスクを高めますか?
経口妊娠中絶薬RU486による中絶は、乳癌のリスクを高めますか?

 いいえ、経口妊娠中絶薬RU486による中絶を行うことで、乳がんを発症するリスクが増加することはありません。

 妊娠中絶により、女性が癌にかかるリスクが増加することはありません。中絶が女性のその後の人生における乳がんのリスクを高めていると主張する疫学研究がありますが、これは誤りです。研究のエビデンスを検証後、世界保健機関、および米国国立がん研究所は、中絶と乳がんの関連性を裏づける信頼性の高いエビデンスはないという主張で一致しました。


経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『経口妊娠中絶薬RU486による中絶は、乳癌のリスクを高めますか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。