現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 授乳中に経口妊娠中絶薬RU486を使用できますか?
授乳中に経口妊娠中絶薬RU486を使用できますか?

 授乳中にミフェプリストンとミソプロストールを使用できますが、ミフェプリストンやミソプロストールの代謝物が母乳の中に排出される可能性があるので、授乳をしている女性が経口妊娠中絶薬RU486による中絶を行っている間に産出する母乳は捨てた方がよいでしょう。

 ミフェプリストンを服用して最初の5時間の間、そしてミソプロストールを服用後は授乳しないほうがよいでしょう。最初の5時間に出てくる母乳は捨てるのが一番です。

経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『授乳中に経口妊娠中絶薬RU486を使用できますか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。