現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > どのように経口妊娠中絶薬RU486を用いればよいでしょうか?
どのように経口妊娠中絶薬RU486を用いればよいでしょうか?

 妊娠を終わらせるためには、3日間に渡って、次の方法で経口妊娠中絶薬RU486を使用しなければなりません。

 はじめにミフェプリストン剤(米非司酉同片、息隠)2錠を服用します、1回1錠で12時間おきに服用(空腹時または食後2時間後に服用、服用後2時間は飲食をしてはいけません)3日間で合計6錠を服用します。 

 ミフェプリストン剤の最後の6錠目を服用してから1時間後にミソプロストル剤(米索前列醇片0.2mg)3錠を服用して安静にします、服用後2~6時間で中絶が完了されます。ミソプロストル剤服用直後から出血が始まりますが、2~6時間で胎嚢が排出されるはずです。副作用では軽度の悪心、嘔吐、眩暈、脱力感及び下腹部の痛み、湿疹が出る場合があります。またミソプロストル剤を服用前後に嘔吐と下痢、まれに出血と痺れを訴えることがあります。 

 医師さん勧めの使用方法:(空腹時または食後2時間後に服用、服用後2時間は飲食をしてはいけません) 

■1日目 ミフェプリストン剤(米非司酉同片、息隠) 朝10:00 2錠を服用、夜22:00 1錠を服用 

■2日目 ミフェプリストン剤(米非司酉同片、息隠) 朝10:00 1錠を服用、夜22:00 1錠服用 

■3日目 ミフェプリストン剤(米非司酉同片、息隠) 朝10:00 1錠を服用、1時間後、ミソプロストル剤(米索前列醇片0.2mg)3錠を服用して安静にします、服用後2~6時間で中絶が完了されます。

経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『どのように経口妊娠中絶薬RU486を用いればよいでしょうか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。