現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > なぜ、中絶を行う際に、病院や救急センターに60分以内で行くことのできる場所にいなければならないのでしょうか?
なぜ、中絶を行う際に、病院や救急センターに60分以内で行くことのできる場所にいなければならないのでしょうか?

 大量出血の場合、一時間以内に処置を受けられる場所にいることが絶対に必要です。これは女性が出産する際や、流産の時も同じです。薬による中絶を行うには都市部に住んでいなければならないということではありません。インターネットへのアクセスがある場所の近くには、たいてい基本的な応急処置を行う場所があります。

 病院や応急処置センターでは基本的な医療機器が装備されていなければならず、スタッフも必要です。ここで必要とされる医療機器と専門知識を備えたスタッフは、流産や出産に伴う合併症のある女性に対して必要とされるのと同じです。

 薬による中絶は、合併症が生じた場合、あるいは方法がうまくいかなかった(method failure)際の対処さえ可能であれば、最も基本的な設備のもとで行えます。合併症等の事態に対処するために通常用いられる技術は、自然流産に対処するための技術と似ています。したがって、日常的に中絶手術が選択できるかどうかは、薬による中絶を開始するための必要前提条件ではありません。

 薬による中絶を提供するために、中絶手術を行っていなければならないということではありません。ただ、必要とされる場合に真空吸引が利用できるようにしておかなければなりません。真空吸引は、電力を使わず手動真空吸引装置を使用して行うことができます。したがって、合併症のある女性を治療する際に電力はなくてもかまいません。

経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『なぜ、中絶を行う際に、病院や救急センターに60分以内で行くことのできる場所にいなければならないのでしょうか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。