現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 子宮外妊娠とは?またどのようにして判明できるのか?
子宮外妊娠とは?またどのようにして判明できるのか?

 子宮外妊娠は、子宮外で起こる妊娠で、通常卵管で育ちます。胚が大きくなりすぎると卵管炸裂を起こしてしまうため、子宮外妊娠は生命の危険を伴います。子宮外妊娠は、常に手術や薬で治療しなければなりません。中絶薬は、子宮外妊娠の場合は使用出来ません!

 妊娠が子宮内で起こっているかどうかは、子宮内超音波検査によって確かめることができます。超音波検査を行わず、妊娠を終わらせるためにミフェプリストンとミソプロストールを使用した場合、常に子宮外妊娠であった可能性を見逃してしまう可能性があります。ミソプロストール服用後、血液や細胞組織の排出がない場合、子宮外妊娠の可能性があります。腹部や腰など突然の激しい痛み、気絶してしまいそうな場合、気絶してしまった場合、肩部に痛みを感じる場合は、子宮外妊娠が破裂してしまった可能性があり、すぐに病院に行かなければなりません。

 子宮外妊娠は、通常子宮内で育つ受精卵が、普通卵管といった子宮以外の場所で着床し育つ際に起こります。卵管は、受精卵が卵巣から子宮に向かう際に通る小さな通路です。妊娠が継続して胚が卵管よりも大きくなると、卵管が破裂してしまいます。子宮外妊娠の場合、予定日まで妊娠を継続することはできず、妊娠している女性の命を救うために胚を取り除かなければなりません。女性の健康を守るために、婦人科医の治療が必要です。治療がなされない場合、卵管の破裂に伴う大量の内出血の危険性があります。

 ミフェプリストンとミソプロストールを用いた薬による中絶は、子宮外妊娠を引き起こしたりはしませんが、子宮外妊娠も治してもくれません。子宮外妊娠で薬による中絶を行ったとしても、そのことで更に合併症が生じることはありません。「薬による中絶の治療により、子宮外妊娠の女性に特異な合併症が生じることを示すデータはありません」。

 子宮外妊娠を治療しなかったら、ミフェプリストンやミソプロストールを摂取した後も、胚が子宮の外で育ち続ける可能性があります。成長し続ける胚を取り除かなかったら、胚が大きくなりすぎた場合、卵管を破裂させてしまいます。治療しなければ、卵管の炸裂に伴い多量の内出血のリスクがあります。中絶へのアクセスが非常に制限されている国々でも、あらゆる国において婦人科医は子宮外妊娠の女性を治療しています。

 次のいずれかの症状が発生している妊娠中の女性は、子宮外妊娠の可能性があります:腹部や骨盤の痛み、骨盤の片側のけいれん、少量の膣異常出血、乳房痛、吐き気、腰痛。

経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『子宮外妊娠とは?またどのようにして判明できるのか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。