現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 経口中絶薬RU-486による中絶を行ってはいけない状態は自分があてはまるかどうか知っていますか?
経口中絶薬RU-486による中絶を行ってはいけない状態は自分があてはまるかどうか知っていますか?

 経口中絶薬RU-486による中絶を行ってはいけない状態とは、ミフェプリストン、ミソプロストールを安全に用いることを妨げる状況や状態のことです。通常それは、すでに自分自身知っていることが多いです。

 経口中絶薬RU-486にアレルギーがあるかどうかは分からないかもしれませんが、経口中絶薬RU-486へのアレルギー反応は稀で(0,008%)軽度(じんましん)です。

 女性はたいてい自分が避妊リングを装着しているか、出血性疾患、慢性副腎不全を患っているか、長い期間副腎皮質ステロイド療法を受けているかどうか、ミフェプリストン、ミソプロストール、または別の型のプロスタグランジンにアレルギーがあるかどうかを知っています。経口中絶薬RU-486にアレルギーがあるかどうかは分からないかもしれませんが、これらの薬に対するアレルギー反応はまれです。ミフェプリストン、ミソプロストールを用いた女性80,000人への調査によると、6人の女性がミフェプリストンを服用した後、軽度のアレルギー反応(じんましん)を示しました。

 これら6件の事例では、女性たちには、皮膚に強いかゆみをもたらすじんましんや、みみず腫れができました。経口抗ヒスタミン薬による治療を受けて、その後は何も問題ありませんでした。

 妊娠期間以外は、ミフェプリストン、ミソプロストールを服用してはいけないという状態はまれで、病歴に基づいて判断されるものです。ですから、すでに女性が知っているはずのことです。実際、医師は女性が主にそれらの条件にあてはまるかどうか診断を行います。

経口中絶薬RU486(北京紫竹)の他関連情報
『経口中絶薬RU-486による中絶を行ってはいけない状態は自分があてはまるかどうか知っていますか?』この情報の関連商品
経口中絶薬RU486(北京紫竹) 経口中絶薬RU486(北京紫竹)¥ 13800 円在庫あり 規格:セット 評価 0 経口中絶薬RU486はフランスやアメリカで承認されていますが、医師の管理下で使用することが義務づけられています。日本では発売されていませんし、販売される予定もありません。また経口中絶薬RU486は、中絶手術に比べて費用は数分の一と安価ですが、副作用があります。女性ホルモンに作用することから、ほとんどの方でけいれんと出血が起こります。成功率は手術が100%なのに対し、この薬では92~95.5%程度と若干劣ります。さらに重要なのは、子宮外妊娠の方は禁じられており、100人に1人程度は、出血がひどく、手術しなければならないケースがあるということです。