現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 漢方製剤 > 耳鼻咽喉科・口内炎 > 清熱養陰丸(同仁堂)
清熱養陰丸(同仁堂)規格:6g×10丸 規格:6g×10丸
写真拡大

清熱養陰丸(同仁堂)

  • 1 箱単価:790 円VIP:711 円
  • 2-5箱単価:750 円VIP:675 円
  • 6-10箱単価:711 円VIP:640 円
  • 11-20箱単価:711 円VIP:640 円
  • 数量:

清熱養陰丸(同仁堂)の商品説明

清熱養陰丸(同仁堂)の特徴

 清熱養陰丸(同仁堂)は褐色の大蜜丸で、味が甘・苦です。

清熱養陰丸(同仁堂)の効能・効果

 養陰(冷やし潤す力を補充すること)、清熱(熱邪を解消すること)、消腫(腫れ、腫れ物を消すこと)、止痛(痛み止め)の作用があります。

清熱養陰丸(同仁堂)の適応症

 肺胃積熱・火熱上攻による口内や舌の潰瘍・びらんなどが生じる、歯肉が出血する、いらいらする、口の渇き、口臭、のどの腫れ痛み、咳き、嗄声、めまい、耳鳴り、便秘などに用いられます。

清熱養陰丸(同仁堂)の成分

石膏(せっこう)、梔子(しし)、黄連(おうれん)、牡丹皮(ぼたんぴ)、白芍(びゃくしゃく)、地黄(ぢおう)、麦門冬(ばくもんどう)、玄参(げんじん)、浙貝母(せつばいも)、薄荷(はっか)、山豆根(さんずこん)、甘草(かんぞう)

清熱養陰丸(同仁堂)の用法・用量

1回2丸を1日2〜3回、水またはお湯で服用してください。
服用の詳しい方:外包を割り、中の丸薬を小さく切り、数回に分けて飲んでください。或いはそのまま、かんで服用してください。

清熱養陰丸(同仁堂)の使用上の注意すべきこと

◇使用に際しては、添付説明書をよく読むこと。
◇定められた用法・容量を厳守すること。 
◇服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

清熱養陰丸(同仁堂)の取り扱い上の注意すべきこと

◆直射日光の当たらない、湿気の少ない所に密栓して保管すること。
◆誤用の原因になる可能性があるため他の容器に入れ替えないこと。
◆使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
◆小児の手のとどかない所に置くこと。

清熱養陰丸(同仁堂)の国薬準字

国薬準字Z11020169

清熱養陰丸(同仁堂)の口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

清熱養陰丸(同仁堂)の関連情報