現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 漢方製剤 > 風邪・インフルエンザ > 加味感冒丸(同仁堂)
加味感冒丸(同仁堂)規格:4g×10包 規格:4g×10包
写真拡大

加味感冒丸(同仁堂)

  • 1 箱単価:2600 円VIP:2340 円
  • 2-5箱単価:2470 円VIP:2223 円
  • 6-10箱単価:2340 円VIP:2106 円
  • 11-20箱単価:2340 円VIP:2106 円
  • 数量:

加味感冒丸(同仁堂)の商品説明

加味感冒丸(同仁堂)の特徴

 加味感冒丸(同仁堂)は緑っぽい褐色の水丸で、やや香りがあり、味が苦です。

加味感冒丸(同仁堂)の効能・効果

 清熱(熱邪を解消すること)、散風(風の邪気を追い出すこと)、解表(発汗させること)、止咳(咳をとめること)の作用があります。

加味感冒丸(同仁堂)の適応症

 内熱がありながら、外部から寒邪を受けられるによる頭痛、悪寒、発熱、咳嗽、鼻水、咽が疼痛、体がだるくなどに用いられます。

加味感冒丸(同仁堂)の成分

淡豆鼓(たんずし)、桔梗(ききょう)、忍冬藤(にんどうとう)、金銀花(きんぎんか)、蔓荊子(まんけいし)、蝉衣(せんい)、赤小豆(せきしょうず)、佩蘭(はいらん)、枳殻(きこく)、連翹(れんぎょう)、白芷(びゃくし)、杏仁(きょうにん)、天花粉(てんかふん)、陳皮(ちんぴ)、竹葉(ちくよう)、茅根(ぼうこん)、芦根(ろこん)、荊芥穂(けいがいすい)、薄荷(はっか)、赤芍(せきしゃく)、石膏(せっこう)、甘草(かんぞう)、防風(ぼうふう)、黄芩(おうごん)、菊花(きくか)、桑葉(そうよう)、紫苑(しおん)、紫蘇子(しそし)、青蒿(せいこう)、羅葡子(らぶし)、化橘紅(かきっこう)、建曲(けんきょく)、馬歯莧(ばしけん)、牛蒡子(ごぼうし)、板藍根(ばんらんこん)、蒼耳子(そうじし)、麻黄(まおう)、桑白皮(そうはくひ)、僵蚕(きょうさん)、大青葉(だいせいよう)

加味感冒丸(同仁堂)の用法・用量

1回4グラム(7丸)を1日2回、水またはお湯で服用してください。

加味感冒丸(同仁堂)の使用上の注意すべきこと

◇使用に際しては、添付説明書をよく読むこと。
◇定められた用法・容量を厳守すること。 
◇服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

加味感冒丸(同仁堂)の取り扱い上の注意すべきこと

◆直射日光の当たらない、湿気の少ない所に密栓して保管すること。
◆誤用の原因になる可能性があるため他の容器に入れ替えないこと。
◆使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
◆小児の手のとどかない所に置くこと。

加味感冒丸(同仁堂)の国薬準字

国薬準字Z20025712

加味感冒丸(同仁堂)の口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

加味感冒丸(同仁堂)の関連情報