現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 漢方製剤 > 婦人病・更年期障害 > 坤宝丸(同仁堂)
坤宝丸(同仁堂)規格:5g×10袋/箱 規格:5g×10袋/箱
写真拡大

坤宝丸(同仁堂)

  • 1 箱単価:980 円VIP:882 円
  • 2-5箱単価:931 円VIP:838 円
  • 6-10箱単価:882 円VIP:794 円
  • 11-20箱単価:882 円VIP:794 円
  • 数量:

坤宝丸(同仁堂)の商品説明

坤宝丸(同仁堂)の特徴

 坤宝丸(同仁堂)は深い褐色の水蜜丸で、味が甘・微苦です。

坤宝丸(同仁堂)の効能・効果

 滋補肝腎(肝と腎の冷やす力(陰)を補充し、機能を高めること)、鎮靜(緊張感・興奮感・いらいら感を解消すること)、安神(精神を安定させる)の作用があります。

坤宝丸(同仁堂)の適応症

 肝腎陰虚(肝と腎が陰液が不足で虧損ということ)や更年期による潮熱、汗が多い、失眠、健忘症、いらいらする、怒りっぽい、眩暈、耳鳴り、咽乾、口渇、四肢無力、関節疼痛、ストレスなどに用いられます。

坤宝丸(同仁堂)の成分

女貞子(じょていし)、覆盆子(ふくぼんし)、菟糸子(としし)、枸杞子(くこし)、何首烏(かしゅう)、鼈甲(べっこう)、地骨皮(ぢこっぴ)、南沙参(なんしゃじん)、麦門冬(ばくもんどう)、酸棗仁(さんそうにん)、地黄(ぢおう)、白芍(びゃくしゃく)、赤芍(せきしゃく)、当帰(とうき)、鶏血藤(けいけつとう)、珍珠母(ちんじゅも)、石斛(せっこく)、菊花(きくか)、旱蓮草(かんれんそう)、桑葉(そうよう)、白薇(びゃくび)、知母(ちも)、黄芩(おうごん)

坤宝丸(同仁堂)の用法・用量

1回50丸を1日2回、水またはお湯で服用してください。

坤宝丸(同仁堂)の使用上の注意すべきこと

◇使用に際しては、添付説明書をよく読むこと。
◇定められた用法・容量を厳守すること。
◇妊娠または妊娠をしていると思われる方は使用しないこと。
◇服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

坤宝丸(同仁堂)の取り扱い上の注意すべきこと

◆直射日光の当たらない、湿気の少ない所に密栓して保管すること。
◆誤用の原因になる可能性があるため他の容器に入れ替えないこと。
◆使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
◆小児の手のとどかない所に置くこと。

坤宝丸(同仁堂)の国薬準字

国薬準字Z11020185

坤宝丸(同仁堂)の口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

坤宝丸(同仁堂)の関連情報