現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 漢方製剤 > 婦人病・更年期障害 > 婦宝金丸240丸(同仁堂)
婦宝金丸240丸(同仁堂)規格:240丸 規格:240丸
写真拡大

婦宝金丸240丸(同仁堂)

  • 1 箱単価:600 円VIP:540 円
  • 2-5箱単価:570 円VIP:513 円
  • 6-10箱単価:540 円VIP:486 円
  • 11-20箱単価:540 円VIP:486 円
  • 数量:

婦宝金丸240丸(同仁堂)の商品説明

婦宝金丸240丸(同仁堂)の特徴

 婦宝金丸240丸(同仁堂)は茶褐色の水蜜丸で、味が甘・苦です。水蜜丸は婦宝金丸(大蜜丸)より、形が小さくなり、飲みやすいダイプでございます。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の効能・効果

 養血(血を増やすこと)、調経(月経を調節すること)、舒鬱(鬱状態を取り去る)、化滞(滞りを良くすること)の作用があります。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の適応症

 気虚血寒(気が虚損し、寒が血分にあることをいうこと)や肝気欝結(疏泄が欝滞し、気滞の症状が現れること)による月経不順、生理痛、おりものが異常、胸腹が脹れ痛み、倦怠感、食欲不振などによく用いられます。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の成分

当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、芍薬(しゃくやく)、地黄(ぢおう)、熟地黄(じゅくぢおう)、益母草(やくもそう)、黄耆(おうぎ)、党参(とうじん)、白朮(びゃくじゅつ)、蒼朮(そうじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、阿膠(あきょう)、何首烏(かしゅう)、補骨脂(ほこつし)、桂枝(けいし)、益智仁(やくちにん)、呉茱萸(ごしゅゆ)、赤石脂(しゃくせきし)、杜仲(とちゅう)、牡蠣(ぼれい)、蛇床子(じゃしょうし)、烏賊骨(うぞっこつ)、木瓜(もっか)、威霊仙(いれいせん)、秦艽(じんぎょう)、羌活(きょうかつ)、独活(どっかつ)、白芷(びゃくし)、藁本(コウホン)、続断(ぞくだん)、柴胡(さいこ)、延胡索(えんごさく)、郁金(ウコン)、香附(こうぶ)、牡丹皮(ぼたんぴ)、化橘紅(かきっこう)、青皮(せいひ)、法半夏(ほうはんげ)、石菖蒲(せきしょうぶ)、遠志(おんじ)、酸棗仁(さんそうにん)、使君子(しくんし)、胡黄連(こおうれん)、黄連(おうれん)、黄芩(おうごん)、蓮子(れんし)、甘草(かんぞう)など

婦宝金丸240丸(同仁堂)の用法・用量

1回6(約30丸)〜7グラム(約35丸)を1日2回、水またはお湯で服用してください。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の使用上の注意すべきこと

◇使用に際しては、添付説明書をよく読むこと。
◇定められた用法・容量を厳守すること。 
◇服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の取り扱い上の注意すべきこと

◆直射日光の当たらない、湿気の少ない所に密栓して保管すること。
◆誤用の原因になる可能性があるため他の容器に入れ替えないこと。
◆使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
◆小児の手のとどかない所に置くこと。

婦宝金丸240丸(同仁堂)の国薬準字

国薬準字Z11020145

婦宝金丸240丸(同仁堂)の口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

婦宝金丸240丸(同仁堂)の関連情報