現在の位置: 勃龍堂漢方オンライン > 漢方製剤 > 婦人病・更年期障害 > 千金止帯丸(同仁堂)
千金止帯丸(同仁堂)規格:6g×12包 規格:6g×12包
写真拡大

千金止帯丸(同仁堂)

  • 1 箱単価:1400 円VIP:1260 円
  • 2-5箱単価:1330 円VIP:1197 円
  • 6-10箱単価:1260 円VIP:1134 円
  • 11-20箱単価:1260 円VIP:1134 円
  • 数量:

千金止帯丸(同仁堂)の商品説明

千金止帯丸(同仁堂)の特徴

 千金止帯丸(同仁堂)は灰黒色の水丸で、やや香りがあり、味が微苦・渋いです。

千金止帯丸(同仁堂)の効能・効果

 補虚(体内に不足した陰液を補うこと)、止帯(おりものを止めること)、和血(血液の流れを順調にすること)、調経(月経を調節すること)の作用があります。

千金止帯丸(同仁堂)の適応症

 脾腎陰虚(脾と腎の陰液不足をいうこと)などによる帯下の異常、月経不調、月経量が過多、足腰がだるくなどに用いられます。

千金止帯丸(同仁堂)の成分

党参(とうじん)、白朮(びゃくじゅつ)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、川芎(せんきゅう)、香附(こうぶ)、木香(もっこう)、砂仁(しゃにん)、茴香(ういきょう)、延胡索(えんごさく)、杜仲(とちゅう)、続断(ぞくだん)、補骨脂(ほこつし)、鶏冠花(けいかんか)、青黛(せいたい)、椿皮(ちんぴ)、牡蠣(ぼれい)

千金止帯丸(同仁堂)の用法・用量

1回6〜9グラムを1日2〜3回、水あるいはお湯で服用してください。

千金止帯丸(同仁堂)の使用上の注意すべきこと

◇使用に際しては、添付説明書をよく読むこと。
◇定められた用法・容量を厳守すること。
◇妊娠または妊娠をしていると思われる方は使用しないこと。
◇服用後、不快な症状を感じた場合は、服用を中止し、医師又は薬剤師に相談すること。

千金止帯丸(同仁堂)の取り扱い上の注意すべきこと

◆直射日光の当たらない、湿気の少ない所に密栓して保管すること。
◆誤用の原因になる可能性があるため他の容器に入れ替えないこと。
◆使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
◆小児の手のとどかない所に置くこと。

千金止帯丸(同仁堂)の国薬準字

国薬準字Z11020654

千金止帯丸(同仁堂)の口コミ、体験談、使用評価

レビューを書く

千金止帯丸(同仁堂)の関連情報